検索や入力フォームの履歴を削除したい

検索するためのキーワードやユーザーIDなどを途中まで入力すると、以前入力した文字の履歴がテキストボックスの下に一覧で表示されます。これは「オートコンプリート機能」によるものです。検索や入力フォームで以前と同じ文字を使うとき、履歴から文字をクリックすると入力する手間がはぶけます。

検索や入力の履歴を消すには「使わない文字を1つずつ削除する」方法と、「リストをすべてクリアする」方法があります。

オートコンプリート機能を使いたくない場合は キーワードなどの入力時に履歴リストを表示したくない、アドレスバーに表示されるURLの履歴の削除は アドレスバーの履歴を削除したい をご覧ください。

使わない履歴を1つずつ削除するには

  1. 検索やテキストボックスに適当な文字を入力して履歴のリストを表示させます。
  2. 表示された履歴のリストの中で使わない文字にマウスポインタを合わせ、キーワードを選択します。
  3. [Delete]キーを押します。選択していたキーワードが削除されます。

履歴をすべてクリアするには

  1. Internet Explorer を起動し、[ツール]メニューから[インターネットオプション]を選択します。
  2. 「インターネットオプション」画面が開きます。[コンテンツ]タブをクリックし、オートコンプリートの[設定]ボタンをクリックします。
  3. 「オートコンプリートの設定」画面が表示されます。[オートコンプリート履歴の削除]ボタンをクリックします。
  4. 「閲覧の履歴の削除」画面が表示されます。削除したい履歴にチェックをつけ、[削除]ボタンをクリックします。
    例えば、キーワードなどを入力するときに表示されるリストをクリアするには[フォームデータ]にチェックをつけます。パスワードを入力するときに表示されるリストをクリアするには[パスワード]にチェックをつけます。
  5. 「オートコンプリートの設定」画面と「インターネットオプション」画面は、[OK]ボタンをクリックして閉じます。

パソコントラブル解決法を検索
超簡単!デザイナーになった気分で写真を加工しちゃうよ! http://t.co/ZH91BjxM #jugem_blog  いつの間にか忍び込む?Baidu IME…(・_・;) http://t.co/HlTDyL9M #jugem_blog  電話番号を探すには104、ではファイルを探すには? http://t.co/4UCWWDNT #jugem_blog  

2018年1月18日
木曜日 / 先勝
今日は何の日かな
明暦3年1月18日、江戸の大火の一つ「明暦の大火(振袖火事)」が起こったよ。恋の病を患いながら17歳で亡くなったウメノの振袖が火事の発端だとか。供養のため火中に投げ入れた振袖が舞い上がって本妙寺の本堂に落ち、そこから大火となって江戸城や大名屋敷、市街地の大半を焼失することに。火事注意だよ。
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法