表示したWebページが文字化けしている

通常、WebページはJIS、シフト JIS、EUCの文字コードで作成されています。この文字コードとInternet Explorerがそのページを表示する際に使用する文字コードが合わない場合、文字化けが発生します。

表示したWebページが文字化けしている場合、「更新」ボタンをクリックすると一時的に正しく表示されることがあります。主に日本語と英語のページしか閲覧しない場合は、次の手順でエンコードの設定をしておくと便利です。

エンコードの設定をするには

  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [表示]メニューから[エンコード]を選択し、[自動選択]のチェックをはずします。
  3. [表示]メニューから[エンコード]を選択し、[Unicode(UTF-8)]を選択します。

Webページの画像やソースが正しく表示されない場合は 画像やソースが正しく表示されない をご覧ください。受信したメールの本文が文字化けしている場合は 受信したメールが文字化けしている をご覧ください。


パソコントラブル解決法を検索
パソコンがタブレットみたいだよ!タブレットモードとデスクトップモード  一瞬でサンプル文章を入力する☆彡WordでRAND関数を使おう

2018年7月18日
水曜日 / 大安
今日は何の日かな
今日は光化学スモッグの日。1970年、東京都杉並区で日本初の光化学スモッグが発生。排気ガスなどが紫外線の影響で光化学反応をおこして有害な物質が発生するんだって。日差しが強くて風が弱い日に発生するらしいよ。
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法