表示したWebページが文字化けしている

通常、WebページはJIS、シフト JIS、EUCの文字コードで作成されています。この文字コードとInternet Explorerがそのページを表示する際に使用する文字コードが合わない場合、文字化けが発生します。

表示したWebページが文字化けしている場合、「更新」ボタンをクリックすると一時的に正しく表示されることがあります。主に日本語と英語のページしか閲覧しない場合は、次の手順でエンコードの設定をしておくと便利です。

エンコードの設定をするには

  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [表示]メニューから[エンコード]を選択し、[自動選択]のチェックをはずします。
  3. [表示]メニューから[エンコード]を選択し、[Unicode(UTF-8)]を選択します。

Webページの画像やソースが正しく表示されない場合は 画像やソースが正しく表示されない をご覧ください。受信したメールの本文が文字化けしている場合は 受信したメールが文字化けしている をご覧ください。


パソコントラブル解決法を検索
超簡単!デザイナーになった気分で写真を加工しちゃうよ! http://t.co/ZH91BjxM #jugem_blog  いつの間にか忍び込む?Baidu IME…(・_・;) http://t.co/HlTDyL9M #jugem_blog  電話番号を探すには104、ではファイルを探すには? http://t.co/4UCWWDNT #jugem_blog  

2018年4月20日
金曜日 / 先勝
今日は何の日かな
今日は郵政記念日。1871年(明治4年3月1日)、それまでの飛脚制度に代わって東京と大阪間で郵便制度が始まったよ。郵便事業を築いた前島密は、日本近代郵便の父と呼ばれているよ。前島密と飛脚問屋が話し合って、飛脚は陸運元会社として小荷物・現金輸送に従事することになったんだって。
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法