文字列の検索と置換で使うワイルドカード

(Word)

ワイルドカードを使うと、任意の1文字だけを伏せて検索したり、先頭の単語だけ一致する文字列を探すことができます。

ワイルドカードを使って検索または置換をするには、「ワイルドカードを使用する」のチェックボックスをオンにする必要があります。

ワイルドカードとして定義されている文字を検索したい場合は、文字の前に「\」を入力します。

ワイルドカード 検索の例
? 任意の一文字を定義します。
「A?CDE」と入力して検索すると、「ABCDE」「A1CDE」など、「?」の部分を一文字だけ伏せて探すことができます。
* 任意の長さの文字を定義します。
「A*CDE」と入力して検索すると、「ABCDE」「A123CDE」など、「*」の部分を任意の文字数だけ伏せて探すことができます。
< 単語の先頭を定義します。
「<(A)」と入力して検索すると、ABCDE」ABC」など、先頭が「A」の単語を探すことができます。
> 単語の末尾を定義します。
「(A)>」と入力して検索すると、「CBA」や「1Aなど、最後が「A」の単語を探すことができます。
[ ] 指定した文字のどれかを定義します。
「A[BC]D」と入力して検索すると、「ABD」「ACD」など、先頭が「A」で末尾が「D」、間に入る文字が「B」または「C」の単語を探すことができます。
[ - ] [ ]内で指定した範囲の任意の1文字を定義します。
(範囲には「1→9」、「A→Z」、「あ→ん」を昇順で指定します。)
「A[1-5]」と入力して検索すると、「A1「A2「A5のように、「A」に続く文字が「1」から「5」の単語を探すことができます。
[ ! - ] [ ]内で指定した範囲以外の任意の1文字を定義します。
(範囲には「1→9」、「A→Z」、「あ→ん」を昇順で指定します。)
「A[1-5]」と入力して検索すると、「A6「A7「A9のように、「A」に続く文字が「6」から「9」の単語を探すことができます。

パソコントラブル解決法を検索
パソコンがタブレットみたいだよ!タブレットモードとデスクトップモード  一瞬でサンプル文章を入力する☆彡WordでRAND関数を使おう

2018年7月18日
水曜日 / 大安
今日は何の日かな
今日は光化学スモッグの日。1970年、東京都杉並区で日本初の光化学スモッグが発生。排気ガスなどが紫外線の影響で光化学反応をおこして有害な物質が発生するんだって。日差しが強くて風が弱い日に発生するらしいよ。
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法