自動バックアップを設定するには
自動回復用データの保存時間を変更する

(Word)

ワードには、文書を編集しているとき、突然停電してしまったり、パソコンの電源が切れてしまった場合、強制終了してしまったファイルを回復するための機能があります。

既定の設定では、10分ごとにバックアップが保存されますが、この間隔を変更することもできます。

自動バックアップの設定を変更するには

Word2010の場合

  1. [ファイル]タブを開き、左側のメニューから「オプション」をクリックします。
  2. 「Wordのオプション」画面が表示されます。左の一覧から[保存]をクリックします。
  3. 右の画面にWordの保存方法が表示されます。自動保存するには[次の間隔で自動回復用データを保存する]のチェックボックスをオンにし、「分」を調整します。
  4. もし文書を保存しないで閉じてしまったとき、バックアップを残すには、[保存しないで終了する場合、最後に自動保存されたバージョンを残す]のチェックボックスをオンにします。
  5. [OK]ボタンをクリックします。

Word2007の場合

  1. [Officeボタン]をクリックし、[Wordのオプション]をクリックします。
  2. 「Wordのオプション」画面が開きます。左の一覧から[保存]をクリックします。
  3. 右の画面にWordの保存方法が表示されます。自動保存するには[次の間隔で回復用データの自動保存を行う]のチェックボックスをオンにし、「分」を調整します。
  4. [OK]ボタンをクリックします。

Word2003の場合

  1. メニューバーの[ツール]から[オプション]をクリックします。
  2. 「オプション」画面が表示されます。「保存」タブを開きます。
  3. 自動保存するには[自動バックアップ]のチェックボックスをオンにし、「分ごとに行う」の数字を調整します。
  4. [OK]ボタンをクリックします。

パソコントラブル解決法を検索
パソコンがタブレットみたいだよ!タブレットモードとデスクトップモード  一瞬でサンプル文章を入力する☆彡WordでRAND関数を使おう

2018年9月21日
金曜日 / 先勝
今日は何の日かな
今日は宮澤賢治忌。童話作家で詩人の宮澤賢治の1933年の忌日。注文の多い料理店って怖いね。童話なのに。宮澤賢治の生前に出版された短編集としては唯一のものなんだって。でも定価が高くてほとんど売れ残ったらしいよ。
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法