矢印キーを押したりクリックするだけで文字が選択される

Word

Wordで文書を編集しているとき、矢印キーを押したりマウスでクリックするだけで、文字が選択されてしまう場合、「選択範囲の拡張」という機能がオンになっている可能性があります。

「選択範囲の拡張」がオンになっていると、ステータスバーに「選択範囲の拡張」と表示されます(Word2003ではステータスバーに「拡張」と表示されます)。

「選択範囲の拡張」機能を使うには

キーボードの「F8」キーを押します。
「F8」キーを押すごとに選択する範囲が変わります。

【F8キーを1回押す】カーソルの位置からクリックしたところまで選択されます
【F8キーを2回押す】カーソルの位置の単語を選択します
【F8キーを3回押す】カーソルの位置の一文を選択します
【F8キーを4回押す】文章全体を選択します

「F8」キーを押すと、ステータスバーに「選択範囲の拡張」と表示されます。
(Word2003では「拡張」と表示されます。)
「F8」キーを押しても「選択範囲の拡張」が表示されない場合は、ステータスバーを右クリックし、表示されたメニューから「選択モード」をクリックします。

「選択範囲の拡張」解除するには

キーボードの「Esc」キーを押します。


パソコントラブル解決法を検索
パソコンがタブレットみたいだよ!タブレットモードとデスクトップモード  一瞬でサンプル文章を入力する☆彡WordでRAND関数を使おう

2018年6月23日
土曜日 / 友引
今日は何の日かな
今日はオリンピック・デー。1894年、パリで国際オリンピック委員会(IOC)が創立され、1896年に第1回オリンピックをアテネで開催することを決議。毎年、全国でオリンピックデーランが開催されてるよ。走るの苦手。
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法