以前のバージョンで保存された文書をWord2007に変換するには

Word2007

※ Word2003文書をWord2007で開き、新機能を使うための手順です。

Word2003など以前のバージョンで作成したWord文書をWord2007で開くと、「互換モード」が有効になります。「互換モード」で編集・保存した文書は、Word2007の新機能が利用できなくなっているため、以前のバージョンのWordでも同じように作業することができます。

以前のバージョンで作成したWord文書で、Word2007の新機能を利用するには、以下の手順で文書をWord2007の形式へ変換します。Word2007の文書をWord2003などで開くにはWord2007の文書を以前のバージョン(Word2003など)で保存したい をご覧ください。

以前のバージョンの文書をWord2007へ変換するには

  1. 形式を変換したい文書を開きます。以前のバージョンで作られた文書を開くと、画面上部のタイトルバーに「 [互換モード] 」と表示されます。
  2. [オフィスボタン]をクリックし、[変換]をクリックします。
  3. 「この処理では、文書を最新のファイル形式に変換します。文書のレイアウトが変更される場合があります。」というメッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。
  4. 文書がWord2007形式に変換され、タイトルバーの「 [互換モード] 」が消えます。

変換した文書を保存するには

  1. [オフィスボタン]をクリックします。
  2. 【元の文書をWord2007形式に置き換える場合】
    [上書き保存]をクリックします。

    【元の文書をそのまま残し、Word2007形式の別の文書を作成する場合】
    [名前を付けて保存]をクリックします。[名前を付けて保存]画面が表示されるので、元の文書とは別のファイル名を入力し、保存します。

パソコントラブル解決法を検索

2018年10月15日
月曜日 / 先負
今日は何の日かな
今日はきのこの日。1995年、日本特用林産振興会が制定したよ。きのこの瓶栽培は長野市松代町が発祥なんだって。寒い季節はきのこが大活躍!えのき茸やしめじ、えりんぎ。きのこは信州中野の特産品だよ!野菜ときのこの美味しいレシピはこちら!
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法