Desktop.ini ファイルが自動的に作成される

WindowsXP

フォルダのアイコンを変更したりすると、そのフォルダ内に自動的に Desktop.ini というファイルが作成されることがあります。 Desktop.ini のように拡張子が「ini」はイニファイルと呼ばれ、そのフォルダやアプリケーションの設定が保存されています。

Desktop.ini などイニファイルの内容を変更したり削除してしまうと、アプリケーションが正常に起動しなくなる可能性があります。

Ddesktio.ini などのイニファイルが邪魔な場合は、次の方法で隠すことができます。

「Desktop.ini」を非表示にするには

  1. 「マイドキュメント」など任意のフォルダを開き、[ツール]メニューから[フォルダオプション]を選択します。
  2. [フォルダオプション]画面が開きます。[表示]タブをクリックします。
  3. [詳細設定]の一覧から[保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)]にチェックをつけます。
  4. [OK]ボタンをクリックします。

パソコントラブル解決法を検索
超簡単!デザイナーになった気分で写真を加工しちゃうよ! http://t.co/ZH91BjxM #jugem_blog  いつの間にか忍び込む?Baidu IME…(・_・;) http://t.co/HlTDyL9M #jugem_blog  電話番号を探すには104、ではファイルを探すには? http://t.co/4UCWWDNT #jugem_blog  

2017年8月21日
月曜日 / 大安
今日は何の日かな
1876年の今日、筑摩県が分割されて信濃国が長野県に併合。長野県が現在の形になったよ。信濃国は現在の中信・南信・大北地域のことなんだって。明治9年までの長野県は東信と北信しかなかったんだね。
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法