先頭の文字を大きくしたい(ドロップキャップ)

(Word)

ドロップキャップとは、段落の先頭の文字だけを大きく表示する機能です。
ドロップキャップを設定すると、段落の先頭が分かりやすくなります。

ドロップキャップを設定するには

Word2007・2010の場合

  1. ドロップキャップを設定したい段落にカーソルを置きます。
  2. [挿入]タブの[ドロップキャップ]をクリックし、「本文内に表示」または「余白に表示」を選択します。
  3. カーソルを置いた段落の先頭文字が大きくなります。
  4. ドロップキャップの行数を変更するには、[挿入]タブの[ドロップキャップ]をクリックし、「ドロップキャップのオプション」を選択します。「ドロップキャップ」画面が表示されるので、「ドロップする行数」を変更します。
  5. ドロップキャップで大きくなった文字を選択すると、通常の文字と同じようにフォントやフォントサイズ、フォントの色などを調整することができます

Word2003の場合

  1. ドロップキャップを設定したい段落にカーソルを置きます。
  2. [書式]メニューから[ドロップキャップ]を選択します。
  3. 「ドロップキャップ」画面が表示されます。「位置」の「本文内に表示」または「余白に表示」を選択し、「ドロップする行数」を設定します。
  4. [OK]ボタンをクリックします。
  5. ドロップキャップで大きくなった文字を選択すると、通常の文字と同じようにフォントやフォントサイズ、フォントの色などを調整することができます

パソコントラブル解決法を検索

2018年10月15日
月曜日 / 先負
今日は何の日かな
今日はきのこの日。1995年、日本特用林産振興会が制定したよ。きのこの瓶栽培は長野市松代町が発祥なんだって。寒い季節はきのこが大活躍!えのき茸やしめじ、えりんぎ。きのこは信州中野の特産品だよ!野菜ときのこの美味しいレシピはこちら!
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法