矢印キーを押したりクリックするだけで文字が選択される

Word

Wordで文書を編集しているとき、矢印キーを押したりマウスでクリックするだけで、文字が選択されてしまう場合、「選択範囲の拡張」という機能がオンになっている可能性があります。

「選択範囲の拡張」がオンになっていると、ステータスバーに「選択範囲の拡張」と表示されます(Word2003ではステータスバーに「拡張」と表示されます)。

「選択範囲の拡張」機能を使うには

キーボードの「F8」キーを押します。
「F8」キーを押すごとに選択する範囲が変わります。

【F8キーを1回押す】カーソルの位置からクリックしたところまで選択されます
【F8キーを2回押す】カーソルの位置の単語を選択します
【F8キーを3回押す】カーソルの位置の一文を選択します
【F8キーを4回押す】文章全体を選択します

「F8」キーを押すと、ステータスバーに「選択範囲の拡張」と表示されます。
(Word2003では「拡張」と表示されます。)
「F8」キーを押しても「選択範囲の拡張」が表示されない場合は、ステータスバーを右クリックし、表示されたメニューから「選択モード」をクリックします。

「選択範囲の拡張」解除するには

キーボードの「Esc」キーを押します。


パソコントラブル解決法を検索

2018年12月13日
木曜日 / 大安
今日は何の日かな
今日は双子の日。1874年、「双子は先に産まれた方を兄・姉とする」っていう太政官布告にちなんで。それまでは「後から生まれた方が兄・姉」「体が大きい方が兄・姉」など、地域や時代によって違っていたとか。あと、1967年の今日は青島俊作の誕生日。
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法