正数や小数の端数を処理する
ROUND関数/ROUNDDOWN関数/ROUNDUP関数

Excel

正数の端数を丸めたり(百の位で四捨五入するなど)、小数を切り捨てたり、数値の端数を処理する場合は、ROUND関数、ROUNDDOWN関数、ROUNDUP関数を使います。

セルの表示形式をユーザー定義して小数点以下の桁数を指定する場合は、小数の端数を処理する をご覧ください。

数値を指定した桁数で四捨五入する(ROUND関数)

  1. 四捨五入した値を表示するセルを選択します。
  2. 計算式を入力します。
    【例】A1の値を百の位で四捨五入する =ROUND(A1,-2) ※A1が「1567」の場合、「1600」と表示されます
    【例】A1の値を小数点以下第2位で四捨五入する =ROUND(A1,2) ※A1が「12.345」の場合、「12.35」と表示されます

数値を指定した桁数で切り捨てる(ROUNDDOWN関数)

  1. 切り捨てた値を表示するセルを選択します。
  2. 計算式を入力します。
    【例】A1の値を百の位で切り捨てる =ROUNDDOWN(A1,-2) ※A1が「1567」の場合、「1500」と表示されます
    【例】A1の値を小数点以下第2位で切り捨てる =ROUNDDOWN(A1,2) ※A1が「12.345」の場合、「12.34」と表示されます

数値を指定した桁数で切り上げる(ROUNDUP関数)

  1. 切り上げた値を表示するセルを選択します。
  2. 計算式を入力します。
    【例】A1の値を百の位で切り上げる =ROUNDUP(A1,-2) ※A1が「1567」の場合、「1600」と表示されます
    【例】A1の値を小数点以下第2位で切り上げる =ROUNDUP(A1,-2) ※A1が「12.345」の場合、「12.35」と表示されます

パソコントラブル解決法を検索

2020年7月8日
水曜日 / 仏滅
今日は何の日かな
毎月8日は歯ブラシの交換日。正しく歯磨きしてると歯ブラシの交換目安は1ヶ月なんだって。歯ブラシの先が開いちゃうとせっかく歯磨きしても歯垢が取れにくいって。自分の口や状態にあった歯ブラシを選ぶといいよ。
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法