夜、パソコンを使うと目が疲れる
ブルーライトを軽減したい(夜間モード)

ブルーライトとは、日中のような明るい光のことです。夜遅くまでスマホやパソコンを見ていると、ブルーライトが目や体に負担をかけるといわれています。

Windows10の「夜間モード」を使用すると、夜の時間帯はブルーライトを抑え、ディスプレイを暖色系で表示することができます。時間帯を設定しておくと、自動的に「夜間モード」を起動することができます。

夜間モードを設定するには

  1. デスクトップ画面左下の「スタート」ボタンをクリックし、「設定(歯車のマーク)」をクリックします。
  2. 「Windowsの設定」画面が開きます。「システム」をクリックします。
  3. 「ディスプレイ」画面が開きます。中央のメニューから「夜間モード」のスイッチをオンに切り替えます。
    設定している時間が日中の場合、「夜間モード」のスイッチをオンに切り替えても、ディスプレイは変わりません。
  4. 夜間モードの時間帯や色を変更するには、「夜間モードの設定」をクリックします。
  5. 日中、すぐに夜間モードに切り替えたい場合は、「今すぐ有効にする」をクリックします。
  6. 色を変更するには「色温度(夜)」を調整します。
  7. 夜間モードを起動する時間を調整するには、「時間の設定」をクリックし、オンとオフの時間を入力します。

パソコントラブル解決法を検索

2019年9月17日
火曜日 / 友引
今日は何の日かな
1991年の今日、北陸新幹線の軽井沢-長野が着工したよ。1989年に高崎-軽井沢間が着工されていて、1997年10月1日に東京と長野を結ぶ長野新幹線として開業!1998年2月の長野オリンピックに間に合ったね!
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法