固定キー機能を有効にするには

固定キーを設定すると、ShiftやAltキーなどを押しつづける必要がなくなります。例えば、「%」は固定キーを設定してからShiftキーを1度押してから[え]キーを押すことで入力できます(かな入力の場合は英数に切り替えてから入力します)。

また、固定キーを設定したあとShiftキーを2度続けて押すと、Shiftキーをロックする(押しっぱなしの状態にする)ことができます。例えばShiftキーを2度押してから「abc」と入力すると「ABC」のようにすべて大文字で入力することができます。ただし、2度続けてShiftキーを押した場合は入力後にShiftキーをもう一度押して固定キーを解除する必要があります。固定キーがロックされていると文字が入力できなくなったり、ショートカットキーが働いてしまったりすることがありますのでご注意ください。

固定キー機能を設定すると、画面右下のタスクトレイに固定キーのアイコンが表示されます。このアイコンでは固定キーの状態を確認することができます。たとえば、固定キーを設定してからShiftキーを押すとアイコンの上段の四角が黒く塗りつぶされ、Shiftキーが押された状態であることが確認できます。表示されるアイコンの詳細は 固定キー機能のアイコン をご覧ください。

固定キー機能を使用するには

Windows7の場合(Shift、Alt、Ctrl、Windowsキーが有効)

  1. 画面左下の[スタート]ボタンをクリックし[コントロールパネル]−[コンピューターの簡単操作センター]をクリックします。
  2. 「コンピューターの簡単操作センター」画面が表示されるので、「キーボードを使いやすくします」をクリックします。
  3. 「キーボードを使いやすくします」という画面が表示されます。「入力しやすくします」の「固定キー機能を有効にする」のチェックボックスをオンにします。
  4. [OK]ボタンをクリックします。
  5. 画面右下の通知領域に固定キーのアイコンが表示されます。固定キーのアイコンは4つの四角から構成されています。上段の四角はShiftの状態をあらわしています。下段の左側はCtrl、中央はWindows、右側はAltキーの状態です。

固定キー機能を使用するには

WindowsVistaの場合(Shift、Alt、Ctrl、Windowsキーが有効)

  1. 画面左下の[スタート]ボタンをクリックし[コントロールパネル]を選択します。
  2. [コントロールパネル]画面が表示されます。「コンピューターの簡単操作センター」を開きます。
  3. 「コンピューターの簡単操作センター」画面が表示されるので、「キーボードを使いやすくします」をクリックします。
  4. 「キーボードを使いやすくします」という画面が表示されます。「入力しやすくします」の「固定キー機能を有効にする」のチェックボックスをオンにします。
  5. [適用]ボタンをクリックしてから画面を閉じます。
  6. 画面右下の通知領域に固定キーのアイコンが表示されます。固定キーのアイコンは4つの四角から構成されています。上段の四角はShiftの状態をあらわしています。下段の左側はCtrl、中央はWindows、右側はAltキーの状態です。

固定キー機能を使用するには

WindowsXPの場合(Shift、Alt、Ctrl、Windowsキーが有効)

  1. 画面左下の[スタート]ボタンをクリックし[コントロールパネル]を選択します。
  2. [コントロールパネル]画面が表示されます。「ユーザー補助のオプション」をクリックします。次の画面でも「ユーザー補助のオプション」をクリックします。
  3. [ユーザー補助のオプション]画面が表示されます。[キーボード]タブが開いていることを確認し、「固定キー機能を使う」のチェックボックスをオンにします。
  4. [適用]ボタンをクリックし、[OK]ボタンをクリックします。
  5. 画面右下のタスクトレイに固定キーのアイコンが表示されます。固定キーのアイコンは4つの四角から構成されています。上段の四角はShiftの状態をあらわしています。下段の左側はCtrl、中央はWindows、右側はAltキーの状態です。

固定キー機能を使用するには

Windows2000の場合(Shift、Alt、Ctrl、Windowsキーが有効)

  1. 画面左下の[スタート]ボタンをクリックし[設定]−[コントロールパネル]を選択します。
  2. [コントロールパネル]が表示されます。「ユーザー補助のオプション」をダブルクリックします。
  3. [ユーザー補助のオプション]画面が表示されます。[キーボード]タブが開いていることを確認し、「固定キー機能を使う」のチェックボックスをオンにします。
  4. [適用]ボタンをクリックし、[OK]ボタンをクリックします。
  5. 画面右下のタスクトレイに固定キーのアイコンが表示されます。固定キーのアイコンは4つの四角から構成されています。上段の四角はShiftの状態をあらわしています。下段の左側はCtrl、中央はWindows、右側はAltキーの状態です。

固定キー機能を使用するには

Windows98の場合(Shift、Alt、Ctrlキーが有効)

  1. 画面左下の[スタート]ボタンをクリックし[設定]−[コントロールパネル]を選択します。
  2. [コントロールパネル]が表示されます。「ユーザー補助」をダブルクリックします。
  3. [ユーザー補助のプロパティ]画面が表示されます。[キーボード]タブが開いていることを確認し、「固定キー機能を使う」のチェックボックスをオンにします。
  4. [適用]ボタンをクリックし、[OK]ボタンをクリックします。
  5. 画面右下のタスクトレイに固定キーのアイコンが表示されます。固定キーのアイコンは3つの四角から構成されています。上段の四角はShiftの状態をあらわしています。下段の左側はCtrl、右側はAltキーの状態です。


パソコントラブル解決法を検索
超簡単!デザイナーになった気分で写真を加工しちゃうよ! http://t.co/ZH91BjxM #jugem_blog  いつの間にか忍び込む?Baidu IME…(・_・;) http://t.co/HlTDyL9M #jugem_blog  電話番号を探すには104、ではファイルを探すには? http://t.co/4UCWWDNT #jugem_blog  

2018年1月18日
木曜日 / 先勝
今日は何の日かな
明暦3年1月18日、江戸の大火の一つ「明暦の大火(振袖火事)」が起こったよ。恋の病を患いながら17歳で亡くなったウメノの振袖が火事の発端だとか。供養のため火中に投げ入れた振袖が舞い上がって本妙寺の本堂に落ち、そこから大火となって江戸城や大名屋敷、市街地の大半を焼失することに。火事注意だよ。
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法