キーの認識を遅くするフィルタキー機能

キーボードから文字を入力するときに、キーを長く押しすぎてしまうと同じ文字が連続して入力されてしまいます。フィルタキー機能を使用すると、繰り返し入力されたキーを無視したり、キー入力の認識速度を変更したりすることができます。

次の方法でフィルターキーの設定と解除を行います。

フィルタキー機能を使用するには

Windows7の場合

  1. 画面左下の[スタート]ボタンをクリックし[コントロールパネル]−[コンピューターの簡単操作センター]をクリックします。
  2. 「コンピューターの簡単操作センター」画面が表示されるので、「キーボードを使いやすくします」をクリックします。
  3. 「キーボードを使いやすくします」という画面が表示されます。「入力しやすくします」の「フィルタキー機能を有効にします」のチェックボックスをオンにします。
  4. 画面右下の通知領域にフィルタキーの時計のアイコンが表示されます。

入力の間隔や速度などを変更するには、4 の手順で「フィルターキー機能のセットアップ」をクリックします。

フィルタキー機能を使用するには

WindowsVistaの場合

  1. 画面左下の[スタート]ボタンをクリックし[コントロールパネル]を選択します。
  2. [コントロールパネル]画面が表示されます。「コンピューターの簡単操作センター」を開きます。
  3. 「コンピューターの簡単操作センター」画面が表示されるので、「キーボードを使いやすくします」をクリックします。
  4. 「キーボードを使いやすくします」という画面が表示されます。「入力しやすくします」の「フィルタキー機能を有効にします」のチェックボックスをオンにします。
  5. 画面右下の通知領域にフィルタキーの時計のアイコンが表示されます。

入力の間隔や速度などを変更するには、4 の手順で「フィルターキー機能のセットアップ」をクリックします。

フィルタキー機能を使用するには

WindowsXPの場合

  1. 画面左下の[スタート]ボタンをクリックし[コントロールパネル]を選択します。
  2. [コントロールパネル]画面が表示されます。「ユーザー補助のオプション」をクリックします。次の画面でも「ユーザー補助のオプション」をクリックします。
  3. [ユーザー補助のオプション]画面が表示されます。[キーボード]タブが開いていることを確認し、「フィルタキー機能を使う」のチェックボックスをオンにします。フィルタキーを解除する場合は、「フィルタキー機能を使う」をオフにして 8 の手順へ進んでください。
  4. 「フィルタキー機能を使う」の右側の[設定]ボタンをクリックします。
  5. [フィルタキー機能の設定]画面が表示されます。「繰り返し入力されたキーは無視する」または「速いキー入力は無視して、リピートの間隔を長くする」のどちらかのラジオボタンを選択します。
  6. 「繰り返し入力されたキーは無視する」または「速いキー入力は無視して、リピートの間隔を長くする」の右側にある[設定]ボタンをクリックします。[フィルタキー機能の詳細設定]画面が表示されます。入力の間隔を変更するオプションメニューをクリックし、秒数を選択します。[動作テスト]のボックスを使って入力の間隔をテストすることができます。
  7. 変更後、[OK]ボタンをクリックします。
  8. [ユーザー補助のオプション]画面に戻ります。[適用]ボタンをクリックし、[OK]ボタンをクリックします。
  9. 画面右下のタスクトレイに時計のアイコンが表示されます。

フィルタキー機能を使用するには

Windows98/2000の場合

  1. 画面左下の[スタート]ボタンをクリックし[設定]−[コントロールパネル]を選択します。
  2. [コントロールパネル]が表示されます。「ユーザー補助のオプション」をダブルクリックします[ユーザー補助のオプション]画面が表示されます。[キーボード]タブが開いていることを確認し、「フィルタキー機能を使う」のチェックボックスをオンにします。フィルタキーを解除する場合は、「フィルタキー機能を使う」をオフにして 7 の手順へ進んでください。
  3. 「フィルタキー機能を使う」の右側の[設定]ボタンをクリックします。
  4. [フィルタキー機能の設定]画面が表示されます。「繰り返し入力されたキーは無視する」または「速いキー入力は無視して、リピートの間隔を長くする」のどちらかのラジオボタンを選択します。
  5. 「繰り返し入力されたキーは無視する」または「速いキー入力は無視して、リピートの間隔を長くする」の右側にある[設定]ボタンをクリックします、[フィルタキー機能の詳細設定]画面が表示されるので、表示の間隔などを調整します。[動作テスト]のボックスを使って入力の間隔をテストすることができます。
  6. 変更後、[OK]ボタンをクリックします。
  7. [ユーザー補助のオプション]画面に戻ります。[適用]ボタンをクリックし、[OK]ボタンをクリックします。
  8. 画面右下のタスクトレイに時計のアイコンが表示されます。

パソコントラブル解決法を検索
パソコンがタブレットみたいだよ!タブレットモードとデスクトップモード  一瞬でサンプル文章を入力する☆彡WordでRAND関数を使おう

2018年7月18日
水曜日 / 大安
今日は何の日かな
今日は光化学スモッグの日。1970年、東京都杉並区で日本初の光化学スモッグが発生。排気ガスなどが紫外線の影響で光化学反応をおこして有害な物質が発生するんだって。日差しが強くて風が弱い日に発生するらしいよ。
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法