自動バックアップを設定するには
自動回復用データの保存時間を変更する

(Excel)

エクセルには、ブックを編集しているとき、突然停電してしまったり、パソコンの電源が切れてしまった場合、強制終了してしまったファイルを回復するための機能があります。

既定の設定では、10分ごとにバックアップが保存されますが、この間隔を変更することもできます。

自動バックアップの設定を変更するには

Excel2010の場合

  1. [ファイル]タブを開き、左側のメニューから「オプション」をクリックします。
  2. 「Excelのオプション」画面が表示されます。左の一覧から[保存]をクリックします。
  3. 右の画面にExcelの保存方法が表示されます。自動保存するには[次の間隔で自動回復用データを保存する]のチェックボックスをオンにし、「分」を調整します。
  4. もしブックを保存しないで閉じてしまったとき、バックアップを残すには、[保存しないで終了する場合、最後に自動保存されたバージョンを残す]のチェックボックスをオンにします。
  5. 開いているブックの自動回復用データを保存したくない場合は、「自動回復の例外」でブック名が選択されていることを確認し、[このブックの自動回復を行わない]のチェックボックスをオンにします。
  6. [OK]ボタンをクリックします。

Excel2007の場合

  1. [Officeボタン]をクリックし、[Excelのオプション]をクリックします。
  2. 「Excelのオプション」画面が開きます。左の一覧から[保存]をクリックします。
  3. 右の画面にExcelの保存方法が表示されます。自動保存するには[次の間隔で回復用データの自動保存を行う]のチェックボックスをオンにし、「分」を調整します。
  4. 開いているブックの自動回復用データを保存したくない場合は、「自動回復の例外」でブック名が選択されていることを確認し、[このブックの自動回復を行わない]のチェックボックスをオンにします。
  5. [OK]ボタンをクリックします。

Excel2003の場合

  1. メニューバーの[ツール]から[オプション]をクリックします。
  2. 「オプション」画面が表示されます。「自動保存」タブを開きます。
  3. 自動保存するには[次の間隔で回復用データの自動保存を行う]のチェックボックスをオンにし、「分ごと」の数字を調整します。
  4. [OK]ボタンをクリックします。

パソコントラブル解決法を検索

2018年12月11日
火曜日 / 先負
今日は何の日かな
今日は百円玉記念日。1957年、戦後最初の銀貨として百円硬貨が発行されたよ。発行当初の表面は鳳凰、1959年には稲穂、1967年には桜に変わったよ。法律上は表と裏の区別がないんだって。便宜上、年号が刻まれた面が裏だとか。
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法