内容を書き換えられないようにしたい
文書の保護/編集の制限

Word

Wordの文書を他の人に勝手に編集されないように、保護することができます。パスワードを設定しておけば、保護を解除される心配がありません。

文書の編集を制限するには

Word2010の場合

  1. 編集を制限したい文書を開きます。
  2. [校閲]タブをクリックし、[保護]の[編集の制限]をクリックします。
  3. ページの右側に「書式設定と編集の制限」が表示されます。書式を制限するには、「1.書式の制限」の「利用可能な書式を制限する」にチェックを付け、「設定」をクリックして、利用可能にする書式を選択します。
  4. 編集を制限するには、「2.編集の制限」の「ユーザーに許可する編集の種類を指定する」にチェックを付け、ドロップダウンリストから編集の種類を選択します。変更履歴を記録して編集可能にする場合は「変更履歴」、フォームへの入力のみ許可する場合は「フォームへの入力」を選択します。
  5. [はい、保護を開始します]ボタンをクリックします。
  6. 「保護の開始」画面が表示されます。「新しいパスワードの入力」へ任意のパスワードを入力し、[OK]ボタンをクリックします。
    ※パスワードを入力しなくても保護できますが、誰でも保護を解除して編集することができてしまうので、パスワードの入力をおすすめします。パスワードを忘れると保護の解除ができなくなります。

Word2007の場合

  1. 保護したい文書を開きます。
  2. [開発]タブをクリックし、[保護]の[文書の保護]をクリックします。[開発]タブが表示されていない場合は リボンに開発タブが表示されない をご覧ください。
  3. ページの右側に「書式設定と編集の制限」が表示されます。書式を制限するには、「1.書式の制限」の「利用可能な書式を制限する」にチェックを付け、「設定」をクリックして、利用可能にする書式を選択します。
  4. 編集を制限するには、「2.編集の制限」の「ユーザーに許可する編集の種類を指定する」にチェックを付け、ドロップダウンリストから編集の種類を選択します。変更履歴を記録して編集可能にする場合は「変更履歴」、フォームへの入力のみ許可する場合は「フォームへの入力」を選択します。
  5. [はい、保護を開始します]ボタンをクリックします。
  6. 「保護の開始」画面が表示されます。「新しいパスワードの入力」へ任意のパスワードを入力し、[OK]ボタンをクリックします。
    ※パスワードを入力しなくても保護できますが、誰でも保護を解除して編集することができてしまうので、パスワードの入力をおすすめします。パスワードを忘れると保護の解除ができなくなります。

文書の保護を解除するには

Word2010の場合

  1. 保護されている文書を開きます。
  2. [校閲]タブをクリックし、[保護]の[編集の制限]をクリックします。
  3. ページの右側に「書式設定と編集の制限」が表示されます。一番下にある[保護の中止]をクリックします。
  4. パスワードが設定されている場合は、「文書保護の解除」が表示されます。パスワードを入力し[OK]ボタンをクリックします。

Word2007の場合

  1. 保護されている文書を開きます。
  2. [開発]タブをクリックし、[保護]の[文書の保護]をクリックします。[開発]タブが表示されていない場合は リボンに開発タブが表示されない をご覧ください。
  3. ページの右側に「書式設定と編集の制限」が表示されます。一番下にある[保護の中止]をクリックします。
  4. パスワードが設定されている場合は、「文書保護の解除」が表示されます。パスワードを入力し[OK]ボタンをクリックします。

パソコントラブル解決法を検索

2018年12月13日
木曜日 / 大安
今日は何の日かな
今日は双子の日。1874年、「双子は先に産まれた方を兄・姉とする」っていう太政官布告にちなんで。それまでは「後から生まれた方が兄・姉」「体が大きい方が兄・姉」など、地域や時代によって違っていたとか。あと、1967年の今日は青島俊作の誕生日。
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法