文字を入力しているとカーソル(ポインタ)が飛ぶ
カーソルが別の場所へ移動する
入力した文字が勝手に確定される

Windows

ノートパソコンでWordやExcel、Webページのフォームなどへ文字を入力するとき、カーソル(マウスポインタ)が勝手に別の場所へジャンプしてしまうことがあります。これはノートパソコンのキーボードの手前に付いているタッチパッド(タッチパネル)に、無意識のうちに手や袖が触れてしまっていることが考えられます。文字を入力中、ひらがなのまま確定されてしまう場合も、無意識にタップしている可能性があります。

【タップとは】
タッチパッド(タッチパネル)を軽く叩くこと。マウスのクリックと同じ効果があります。

カーソルが飛ばないようにするには、タッチパッド(タッチパネル)を無効にして外付けのマウスを使ったり、一時的に無効にする設定をすることをおすすめします。タッチパッド(タッチパネル)の設定方法はノートパソコンの機種やメーカーにより異なります。お手元の説明書やメーカーのホームページをご覧ください。


パソコントラブル解決法を検索

2019年12月11日
水曜日 / 先勝
今日は何の日かな
今日は百円玉記念日。1957年、戦後最初の銀貨として百円硬貨が発行されたよ。発行当初の表面は鳳凰、1959年には稲穂、1967年には桜に変わったよ。法律上は表と裏の区別がないんだって。便宜上、年号が刻まれた面が裏だとか。
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法