Desktop.ini ファイルが自動的に作成される

WindowsXP

フォルダのアイコンを変更したりすると、そのフォルダ内に自動的に Desktop.ini というファイルが作成されることがあります。 Desktop.ini のように拡張子が「ini」はイニファイルと呼ばれ、そのフォルダやアプリケーションの設定が保存されています。

Desktop.ini などイニファイルの内容を変更したり削除してしまうと、アプリケーションが正常に起動しなくなる可能性があります。

Ddesktio.ini などのイニファイルが邪魔な場合は、次の方法で隠すことができます。

「Desktop.ini」を非表示にするには

  1. 「マイドキュメント」など任意のフォルダを開き、[ツール]メニューから[フォルダオプション]を選択します。
  2. [フォルダオプション]画面が開きます。[表示]タブをクリックします。
  3. [詳細設定]の一覧から[保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)]にチェックをつけます。
  4. [OK]ボタンをクリックします。

パソコントラブル解決法を検索

2019年12月11日
水曜日 / 先勝
今日は何の日かな
今日は百円玉記念日。1957年、戦後最初の銀貨として百円硬貨が発行されたよ。発行当初の表面は鳳凰、1959年には稲穂、1967年には桜に変わったよ。法律上は表と裏の区別がないんだって。便宜上、年号が刻まれた面が裏だとか。
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法