数式を入力したい(数式入力パネル)

Windows8、Windows7では、数式入力パネルを使って分数、インテグラル、根号などの数式を書くことができます。書いた数式は、Wordなど対応するアプリケーションへ挿入できます。

その他の機能でもWordへ数式を入力することができます。

数式入力パネルで数式を書くには (Windows8)

  1. スタート画面の、タイルが何もない部分で右クリック(タッチ操作の場合は、画面の上または下から画面の中央へ向かってスワイプ)し、画面の下にアプリバーを表示します。アプリバーの「すべてのアプリ」−「数式入力パネル」をクリックします。
  2. 「数式入力パネル」が表示されます。マウスをドラッグし、入力したい数式を書きます。
  3. 数式を書くと、認識された数式が上部へ表示されます。

    数式入力パネル

    書いた数字や記号が正しく認識されなかった場合、右側の[選択を修正]をクリックしてから修正したい数字や記号をクリックすると、修正候補が表示されます。

    数字や記号を消す場合は、右側の[消去]をクリックしてから消したい数字や記号をクリックします。

    [元に戻す]をクリックすると、書いた数字や記号を1回ずつもどすことができます。

    書いた数式をすべて消す場合は、[クリア]をクリックします。

    [挿入]をクリックすると、書いた数式をWordなど対応するアプリケーションへ挿入することができます。

数式入力パネルで数式を書くには (Windows7)

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]−[アクセサリ]−[数式入力パネル]を選択します。
  2. 「数式入力パネル」が表示されます。マウスをドラッグし、入力したい数式を書きます。
  3. 数式を書くと、認識された数式が上部へ表示されます。

    数式入力パネル

    書いた数字や記号が正しく認識されなかった場合、右側の[選択を修正]をクリックしてから修正したい数字や記号をクリックすると、修正候補が表示されます。

    数字や記号を消す場合は、右側の[消去]をクリックしてから消したい数字や記号をクリックします。

    [元に戻す]をクリックすると、書いた数字や記号を1回ずつもどすことができます。

    書いた数式をすべて消す場合は、[クリア]をクリックします。

    [挿入]をクリックすると、書いた数式をWordなど対応するアプリケーションへ挿入することができます。

パソコントラブル解決法を検索

2018年12月13日
木曜日 / 大安
今日は何の日かな
今日は双子の日。1874年、「双子は先に産まれた方を兄・姉とする」っていう太政官布告にちなんで。それまでは「後から生まれた方が兄・姉」「体が大きい方が兄・姉」など、地域や時代によって違っていたとか。あと、1967年の今日は青島俊作の誕生日。
お気に入りに追加する
お問い合わせ
ブログ
信州中野情報サイト


(c) HEARTSNET -ハーツネット-
HEARTSNET-ハーツネット-
Windows
インターネット
文書・表計算
Webページ製作
パソコン活用法